グローバルWiFiを申し込みする時に”容量はどのプランにしようか?”と迷うと思います。料金プランによって価格が変わるのですが、安いプランにしてしまうと通信量の制限をオーバーするのではないかと不安になると思います。

おすすめのプランの解説の前に、グローバルWiFiの通信量の制限がオーバーした場合はどうなるのか?について解説したいと思います。

グローバルWiFiの通信量をオーバーした場合

・利用速度の低下
・利用停止

上記のどちらかになると書かれています。

私の体験ですが、通信量オーバーした場合には、通信速度の低下がになりました。基本的には通信速度の低下になると思います。

通信速度についてですが、スマホの通信制限にかかったときと同様の使い勝手でした。かなり遅いのですが、気長に待てば使えないこともないというレベルでした。

海外ではフリーWiFiが用意されているお店も多いので、インターネットを使う手段はグローバルWiFiだけではないので、万が一制限オーバーになった場合でもなんとかなります。

グローバルWiFiのおすすめの容量プランは?

グローバルWiFiには

通常(1日250MB)
大容量(1日500MB)
超大容量(1日1000MB)

の3つの容量プランが用意されています。

1日250MBはどのくらいかというと、携帯会社のプランに多い1ヶ月7GBの制限と同程度です。毎月の制限にかからないくらいの使い方ができれば、容量オーバーになることはありません。

旅行中なので普段とは使う量が違うから心配という方も多いと思うのですが、基本的に1日250MBもあれば容量は十分足りることが多いです。

料金的にも抑えられるので、私がグローバルWiFiを使う時にはいつも通常プランで申込をしています。一度暇な時に動画の閲覧をしてしまって容量オーバーになったことがありますが、動画さえ見なければ容量に余裕を持って使えています。

・動画の閲覧
・ゲームアプリの利用
・ネットサーフィン

など暇つぶしとしてもインターネットを使いたい場合には通常プランでは足りないことがあるので、大容量以上のプランを選択することがおすすめです。

ただし空港や飲食店なんかではWiFiもあるので、暇つぶしとしてインターネットを利用するのはフリーWiFiだけでグローバルWiFiの方は必要なときだけ使うようにすれば、通常プランでも容量内におさめることが可能だと思います。