グローバルWiFiは返却した後に、利用感謝特典としてクーポンコードが配布されます。
しかし、初めて利用する場合などは、お得に利用できるクーポンコードを持っていないと思います。

できるならば安く利用したいと思うのですが
クーポンコードなしでも5%オフ+受取手数料無料で利用する方法があります。

それが、以下のページから申込みを行う方法です。

グローバルWiFi 5%オフでの利用はこちら



グローバルWiFiの申し込みページは2種類ある?

グローバルWiFiの申し込みページは

・正規価格の申し込みページ
・割引で申し込めるページ

この2種類があります。

正規価格の申し込みページ

割引で申し込めるページ

もちろん、どちらで申込みを行ってもサービス内容に変わりはありません

割引で申し込めるページであれば、クーポンコードがなくても5%オフで利用できます。

グローバルWiFiの料金はどのくらい?

料金についてですが、台湾や韓国など旅行に行く人が多い国では比較的に安く利用できます。

台湾の3Gプランだと1日636円~利用できます。
4Gプランだとしても1日1000円前後で利用できます。

一般的な観光であれば、2泊3日くらいが多いと思うので、1回の旅行で3000円くらいになるかと思います。

WiFiのルーターなので、友だちと共有することもできます。
なので、割り勘にしたらとても安く利用できますね。

もし4人で旅行に行くとしたら、1回の旅行で1000円以下でネット環境を整えられることもあるでしょう。

プランはどれがおすすめ?

グローバルWiFiのプランですが、
・3G
・3G 大容量
・4G LTE
・4G LTE大容量
・4G LTE超大容量

などが用意されています。

「仕事でパソコンを使う」
ということでなければ、3G通常で十分です。

それぞれ利用できるのが、次のとおりです。

通常
250MB/日

大容量
500MB/日

超大容量
1GB/日
(1,000MB)

通常でも、1日250MB利用できます。

これは携帯会社の月7GBの制限と同じくらいです。
(250×30=約7GB)

YouTubeなどの動画を見なければ、1日250MBあれば十分です。

海外旅行でモバイルルーターを使うと行ったら、地図を調べたり、ちょっとした調べごとくらいだと思います。

海外の場合、フリーWiFiを設置しているお店が多いです。
空港やホテルでもWiFiが利用できます。

フリーWiFiを積極的に利用していけば、グローバルWiFiの3G通常プランでも十分足りるはずです。

通信制限にかかってしまった場合は?

通信制限にかかっても、全く使えなくなるわけではありません。
一応使えます。

ただ、携帯の通信制限に引っかかった時と同じような速度です。
気長に待てば、ネット検索くらいは可能です。

グローバルWiFiを使う上での注意点

グローバルWiFiの通信制限ですが、1日ごとに設けられているわけではありません。

旅行期間単位で設けられています。

例えば、旅行日数が3泊4日だとしたら、4日で1GB使えるということです。

なので、1日250MBの制限だと思って使って
「あれ、250MBって結構使えるんだな」
と思って使うと。

引っかかった時に、残りの日数が制限に引っかかった状態で使わなければならなくなります。

実は私がグローバルWiFiを利用した時に、上記の勘違いをしました。

1週間の旅行だったのですが、1日250MBだと思っていて動画を閲覧してしまいました。
4日目に動画を見てしまい、制限が来ました。

明日には戻っているだろうと思ったら、戻らなくて激しく後悔しました。
残りの日数はネットが使いにくくて不便な旅行をすることになってしまいました。

3GとLTEはどっちがおすすめ?

容量の他にも、通信プランがあります。

「3G」と「4GLTE」があります。

「4GLTE」の方が早くて快適だと言われていますが、動画の閲覧であったり異様に重いページを開かない限り違いはないです。

海外旅行中に動画をみるということはあまりないと思います。

・マップを見る
・ちょっとした調べごと

これらの用途でネットを使うのであれば、どちらを使っても快適に使えます。

なので、料金の安い3Gプランがおすすめです。

グローバルWiFiのサイズは?

荷物が多くなってしまうのは嫌だと思うのですが、ルーターの機種のサイズは小さいです。

縦横の大きさは、スマートフォンよりも小さいのでポケットに入れることもできます。
だから常時ネットに繋げずに、必要なときだけ電源を入れて使うこともできます。

ネットを使うときだけ電源をいれることで、
・バッテリー
・通信量
の節約ができます。

もちろん、ルーターをレンタルする時は機種だけではありません。
充電に必要なマルチ変換プラグや、充電ケーブルも必要です。

そのため、レンタルする時はポーチごと渡されます。
ポーチ自体のサイズもそれほど大きいものではありません。

手荷物にいれてもかさばらない程度です。
それほど重くもないので、持ち歩きが大変ということもありません。

マルチ変換プラグが便利

グローバルWiFiをレンタルすることで、マルチ変換プラグも一緒についてきます。
機種を充電するために、コンセントを使わなければいけないので必要です。

海外旅行に行く時に、その国のコンセントに合わせた変換プラグを用意しなければいけないですよね。
購入したりすると、それなりに高かったりします。

ですが、グローバルWiFiをレンタルすれば、マルチ変換プラグを用意する手間が省けます。
一緒についている変換プラグは、他の電化製品にも使えます。

補償はどれがおすすめ?

オプションで補償をつけることができます。
海外では日本と比べて、盗難などのリスクがあるので、補償はつけておいたほうがいいかと思います。

補償にも3つあります。

・安心補償パックMAX
・安心補償パックフル
・安心補償パックミニ

補償無しで紛失した場合は?

補償無しで紛失、盗難、破損があった場合は約25,000円がかかります。
(オプションの付属品によって前後します。)

つけない選択もできるのですが、万が一紛失や故障にあってしまったときのことを考えると怖いですよね。

私が利用する時には、安心補償パックフルをつけるようにしています。
一番安心かなと思います。

安心補償パックMAXだと、携行品の故障があったときも10万円まで補償してくれるのですが、クレジットカードの旅行保険を利用しているのでそれほど魅力だと感じません。

他の旅行保険に入っていれば、病気までカバーしてくれるので、携行品の補償だけとなると物足りないと感じてしまいます。
海外で怖いのは、病気ですからね。
日本とは違って、万が一入院してしまうとすぐに数十万円とかかってしまいます。

それか、安心補償パックミニでもいいかなと思います。

安心補償パックミニだと、1日200円で万が一故障があった時には約5,000円かかります。

200円で約20,000の補償がついてくるということですね。

コストパフォーマンスが一番いいのは、安心補償パックミニかもしれないですね。

海外では注意しすぎるくらいでちょうどいい

日本だと盗難なんてめったに遭遇しません。
場所取りのためにバックを置いといても、なくなってるなんてことはめったにありません。

ですが、海外の場合は置き引きなんてものは日常茶飯事だと思ったほうがいいです。
レストランでトイレに立つときにも、荷物は身につけるように心がけるべきです。

日本ではめったに盗難被害にあうことはないので、海外でも大丈夫だろうと思いがちですが。

海外旅行経験が少ないのであれば、グローバルWiFiの補償は加入しておいたほうが無難だと思います。

1日2~300円くらいで安心が買えますからね。
台湾なんかは比較的に治安がいいですが、その他の東南アジアなどは盗難被害が多いと言われています。

それでは、素敵な海外旅行を楽しんでくださいね。

下記のページから申し込むことで

・5%オフ
・受取手数料無料

で申し込めます。